English 地磁気データサービス

Selection

データ利用規則
データ利用、交換の規則はWDS Data Policyに定められています。 WDC Kyotoのデータやサービスは科学的利用には制限なく利用できますが、速報値(リアルタイム値)を出版や発表に用いるときには、事前にお問い合わせください(wdc-service@kugi.kyoto-u.ac.jp)。なお、WDC Kyotoでは地磁気指数の商用利用は認めていません。

各観測所が提供する地磁気データの商用利用については各観測所にお問い合わせください。各観測所の情報はデータセットに記載されています。出版や発表などでデータを利用する場合は、データ供給元とWDC for Geomagnetism, Kyotoを明記してください。(クレジット例



>> 旧ページ


データカタログ

  1. AE指数 (AE指数の3バージョン)
  2. Dst指数 (Dst指数の3バージョン)

  3. ASY/SYM指数

  4. Kp指数(ap,Ap指数付き) (算出元: GFZ Helmholtz Centre Potsdam)

  5. 地磁気静穏日・擾乱日

  6. 地磁気データ

  7. 磁場モデル

  8. その他


このデータベースの一部は、日本学術振興会科学研究費補助金(研究成果公開促進費)データベース『太陽地球系物理学データベース』(127008, 168069, 178061, 188071, 198053, 208041, 218046, 228040, 238033)および『1920年代にまで遡る高時間分解能地磁気デジタルデータベース』(248032, 268023, 15HP8028, 16HP8026)を用いて構築されました。また、当センターに観測データを提供していただいている我が国および世界中の地磁気観測所・研究機関および関連国際組織に深く感謝します。